健康と安全を追求し驚きと感動を次世代へ繋ぐ

>> エイズに関する事項AIDS アプローチ <<

私たちの地球です
この小さな星のまだ小さな人々が、既にエイズ感染によって数百万人もの人が命を落とし、未だにHIVの病魔から開放されず苦しんでる人々がいます。我々の愛する地球、愛する家族、守るべきものがある限り地球全人類の結束と力、日常生活において自意識をお互い意識しあえば必ずエイズを撲滅出来ると信じてます!信じるも行動もそれは貴方次第です。
JHC NET PLAZA
コンドームはヘルスコム


コンドームはヘルスコム
Acquired=後天性 Immune=免疫 Deficiency=不全 Syndrome=症候群

A I D S
エイズAIDSは遺伝ではなくHIVウイルスが体内に感染することによっておこる病気です。HIVウイルス自体は感染力がとても弱く、通常の生活程度では感染しませんが知識のない無防備による性行為等により一旦感染してしまうと、将来エイズが発症する可能性があります。だからこそ、正しい知識での予防と日常での対策が重要です。当サイトはコンドームが正しく使われ、世界のエイズが撲滅されることを強く望みます。

■HIVに感染すると?
■ 感染 AIDS
私たちの体には、細菌やウイルスが侵入した際にこれらを攻撃する免疫が備わっています。HIVウイルスは、この攻撃の主力となるリンパ球の一種(ヘルパーT細胞)に取りつき、増殖をします。
コンドームを装着しないでエイズ感染者と性行為をした場合感染する確立は極めて高くなります。
■ 2〜8週間 AIDS
感染した初期段階では、ほとんど自覚症状がありません。
中には風邪に似た症状(リンパ球のはれ・関節痛・発疹)が2〜3週間続く場合があります。
■ 1年〜10年 無症候性キャリア/潜伏期間 AIDS
症状が全くなく、通常の生活が行えますが、SEXによって他人へ感染する恐れがあります。この期間は個人差が大きく、1年以内から10年以上とされていますが、治療により、発症を遅らせることも可能です。
■ 1年〜10年 無症候性キャリア/潜伏期間 AIDS
症状が全くなく、通常の生活が行えますが、SEXによって他人へ感染する恐れがあります。この期間は個人差が大きく、1年以内から10年以上とされていますが、治療により、発症を遅らせることも可能です。
■ エイズ発症前段階 AIDS
潜伏期間後、長期にわたる発熱・体重の減少・下痢・全身の倦怠感などが現れ、徐々に体力が衰えます。
■ エイズ発症 AIDS
体力の低下の末、日和見感染症(体内に常駐しており、体力が低下すると感染する病気)や神経障害が発症し、これらの発症した状態をAIDSといいます。
■治療方法
・HIVに感染したとしても、それが死を意味するものではありません。
早期治療により、発症までの期間を延ばしたり、発症後の進行を遅らせることが可能です。最近では、逆転写酵素阻害剤とプロテアーゼ阻害剤を組み合わせる治療により、HIV量をかなり減少させる治療が大きな成果をあげています。エイズへの特効薬が産まれる日まで、医師のアドバイスによる根気よい治療が大切です。もちろん、コンドームを装着した安全な性行為こそ予防の最良の方法であることは間違いありません。

□感染ルート
コンドームはヘルスコム SEXによる感染
最も多い感染ルートです。ペニスを膣内に入れる性交だけでなく、肛門・口腔の粘膜を通して感染します。精液に含まれるHIVウイルスだけでなく、出血部位との接触でも感染する可能性があるので、アナルセックスやオーラルセックスにも注意が必要です。
男性には必ずコンドームを装着してもらい安全な性交渉をしてください。
血液による感染
注射器の共用や医療にたずさわる方が誤って針に刺さったりというものがあります。薬物常習者はともかく、現在病院では注射針を特別な廃棄物として扱い、厳重に処理されます。HIV感染者の血液から作る血液製剤・または輸血でも感染しますが、血液製剤は加熱処理をしており、輸血ではHIV抗体検査が行われています。しかし、感染から抗体ができるまでに採取された血液で、この検査をすり抜ける事故が起こっており、対策が練られているところです。
母子感染
遺伝ではなく、HIVに感染した母親から、へその緒、出産時の出血、母乳を通じて感染します。出産時では約30%が感染するといわれています。

以上のように、HIVウイルスは血液・精液・膣分泌液に多く含まれており、それらの接触には注意が必要です。
しかし、「唾液」「尿」「汗」「涙」についてはHIVウイルスが含まれてはいるものの、ごく微量ですので感染力はありません。また、下記のような日常生活では感染する心配はありません。
ほとんどの感染経路はコンドームを装着しなかった場合の性交渉からであることを認識しましょう。

■握手 ■蚊・ハエ・ペット
■くしゃみ・せき・汗・涙 ■衣類・寝具 等の共用
■浴場・プール ■鍋料理等の同時利用
■エイズの予防
エイズを引き起こすHIVウイルス自体の感染力は、非常に弱いものです。したがって、前述にもあるような日常生活では感染することはありません。しかし、SEX等の肉体関係においては、充分な注意が必要です。必ず男性はコンドームを装着してください。
■見知らぬ人、不特定な人など、(HIVの感染が不明な人)との無防備なSEX(アナル・オーラルを含む)は避ける。
■SEXの最初から最後まで正しくコンドームを着用する。
■性器の接触なしに、キスや愛撫で楽しむ。
■麻薬や覚せい剤などには絶対手を出さない
※エイズ予防には、コンドームの使用がもっとも効果的であり、セックスにおいてはコンドームでしか防ぐことができません。しかし、必ず挿入前に着用する・使用後のコンドームは正しく廃棄するなど、正しい使い方でないと効果はありません。
● 世界のエイズ ●

1.1997年末の時点で世界には3,060万人のHIV感染者/エイズ患者が生存中であり、そのうちの2,950万人が成人、110万人が15才未満の小児である。

2.世界的に見ると15才から49才の成人の100人に1人がHIVに感染している。

3.HIV感染/エイズの2,950万人のうち、およそ41%は女性であり、この比率は増加傾向にある。*1)

4.1997年だけで世界で580万人が新たにHIVに感染したと推定され、1日あたりは16,000人である。新規感染者の90%は発展途上国で発生している。

5.2000年までに世界のHIV感染者数は4,000万人になるであろう。

6.1997年までの世界のHIV/エイズに関連した累計死亡数は1,170万人となり、900万人は成人、270万人が小児である。*1)

7.1997年だけで、世界のHIV/エイズに関連した疾患による死亡者数は230万人であり、15才未満の小児では460,000であると推定されている。

8.HIV/エイズの流行が始まって以来、世界でおよそ820万人の15才未満の小児が、HIV感染の両親が早く死亡することにより孤児になった。

9.世界中では、成人HIV感染者の75%以上が異性間の性交渉で感染した。

10.世界の幼児と小児の90%以上が、母子(垂直)感染によるものである。

エイズ撲滅の為、正しい性行為に対する知識とコンドームの使用を!
ジュアール茶ジュジュワーフィルジーセルマトリックス免疫ミルクタンポポ茶ファットバキューム
ゴーヤココラッチェ禁煙草サーデンペプチドローズヒップオイルグルコサミンコンドロイチンフコイダン
nsoc信頼と安心のネットショッピング =NSOC=

ダイエット | 楽天店 | 美容コム | カメラコム |通販コム | ヘルスコム | eseven.jp


健康と安全を追求し驚きと感動を次世代へ繋ぐ
健康と安全を追求するJHCのNET PLAZA

NET Plaza || 安全コム || ヘルスコム || eseven.jp || ダイエットコム || 美容コム || カメラコム || DOS/V-NET || ペットサロンm's

□ COPYRIGHT c 2003 NET PLAZA All RIGHTS RESERVED □

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス